マインドフルネスお話し会

福音小学校PTA事業、ドリーム学級で【親と子のためのマインドフルネス】お話会とヨガクラスをさせていただきました。

 

お話会の途中、ポロポロと…泣いているママがいました。みんな必死で子育てをしているんだと感じました。私自身も自分の子育てを振り返りながら涙をグッとこらえて話を続ける時もありました。

 

 

マインドフルネスとは、「今ここで起きていることに注意を向け、さらにそれに対して評価を加えずに受け入れる状態のこと」と定義されています。

 

ヨガの200時間指導者トレーニングで出逢い、ヨガのクラスに取り入れるためそれから私自身学びを深めていました。今回のようにヨガのクラスと切り離してお話会として開催させていただくのは初めてのこと。

 

 

 

こどもにレッテルを貼ってはいけない、なぜなら根拠のない思い込みを持って行動するとそれは現実になる…【自己成就的予言】について。

 

 

なぜ子育ての悩みは尽きないのか…

 

 

母親は無意識のうちにこどもに理想と現実を設定してしまう。

 

 

【問題解決モード】から、綺麗な夕陽を見た時に、ただ見惚れてしまう状態…つまり、それ自体に注意を向けて味わう、それに分析も評価もしない【夕陽モード】に心のモードを切り替えて物事を捉える、心の2つのモードについて。

 

 

マインドフルネスに子どもと関わる方法をみなさんと共有しました。

 

 

嬉しいことに、マインドフルネスお話会を今後も開催してほしいというお声をいただきました。

来年いつかまたたくさんのママたちと共有できる時間がとれれば嬉しいです。

 

 

本当に貴重な機会機会をいただき、福音小学校のPTAのみなさん、保護者のみなさんありがとうございました。