· 

環境ホルモンセミナー

 

 

分子整合医学を専門にお勉強をされている門屋先生を講師にお招きして、3月、5月と2回にわたり、環境ホルモンセミナーを開催し、18名のみなさんと学びました。

 

 

 

私たちのおばあちゃんの世代にはなかったもの

 


ペットボトル飲料...
ファブリーズ
除菌シート
カビキラー
ネイル
携帯電話
wi-fi
LED
香水
ピル
目薬
洗剤
日焼け止め
プラスチックのおもちゃ
クリーニング
残留農薬
添加物などなど......

 

これら全てが【環境ホルモン】です。

 

 

環境ホルモンとは、内分泌撹乱物質といって、体内ホルモンバランスを崩してしまうもの。

 


これらは、甲状腺機能異常、妊娠率の低下、生殖器の奇形、免疫機能低下、脳神経への影響、こどものアレルギーやアトピー、がん、認知症、自閉症などを引き起こすといわれています。


今日のお勉強会では、それらの排出の仕方として今実践できることを学びました。

 

 

 

セミナーの後は午後から個人的にお願いしていた私と息子の毛髪検査の考察。

 


毛髪検査とは、髪の毛から体内の栄養素「必須ミネラル」や、毒素「有害重金属 = 有害ミネラル」を分析する検査のこと。体の中の栄養状態を調べて食生活、体質改善に役立てられる予防医学の1つ。

 

毛髪検査は今回わたしにとって初めての体験でしたが、当たりまえの日常、生活を見直す上で大変参考になりました。

 

 

 

 

次回、美由紀先生の講座は11月です。「腸内環境」をテーマに、内臓を強くするヨガのクラスも行います。お楽しみに♪

 

 

 

 

 

HOME